So-net無料ブログ作成

この匂いはどう? [雑記]

事務所の近くに(たぶん1キロくらいかな)明治製菓の大きな工場が

あります。

冬の間は窓を開けることもないのであまり気になりませんが、これからの

季節になるとチョコレートのあま~い匂いが風向きによっては漂ってくる

のです。

ほかにもカールとかいろんなお菓子を作ってるんだろうけど、なぜか

匂ってくるのはチョコの香りばかり。

まあ、ひとによっては不快だと感じるひともいれば、ぼくのようにまったく

そうは思わないひともいるでしょう。

あまり濃すぎるのはやめてもらいたいけれど、ほんのり漂ってくるくらいなら

ぜんぜん問題ないですよね。


しかし、いつだったか京都のほうでは、お菓子の製造工場の近隣住民が

漂ってくる臭いが不快だから製造を止めるように提訴したってニュースを

最近聞きました。

京都だから和菓子屋さんかな。

けどねえ、近隣住民っていったって多分後から住んだひとじゃないんで

しょうか。

昔からそこで商売やってるひとの近くに移り住んで、臭いがきついから

作るのやめろってのもどうかと思うんですよね~


それなら、公共の場にある喫煙所なんかをとっとと撤去しろって思うし、

お店で不快な臭いを出してるところなんていくらでもあるじゃないですか。

なんだかなあ、って感じたニュースであります。

ひょっとしてこの明治のチョコの香りだって訴えられることもあるんだろうか?

で、

その明治の工場につい最近こういう看板?ができました。

JRの線路沿いなんで一体何の工事をしてるんだろうって眺めてたら・・・


ce457d80.jpg

これ、かなりデカイです。

看板というか、言いようによっちゃ現代アートのオブジェですよね。

作品と言われればそうかって気もするし。

しかし、夏場にみるとちょっと暑苦しいだろうな。


煙が目にしみる [雑記]


時々出かける美味しい和食屋さんでのランチ。

美味しいもの好き(まあ、誰でもでしょうけど)の自分にとってランチであろうが

食事は楽しみであります。


今日はゆっくり食べようと時間をずらして出かけ、4人がけのテーブルに新聞を

広げてくつろいでいると・・・

隣に3人の20代と思しき女性たちが着席。

ちょうど同じようなタイミングでぼくと食べ始めました。

食事中、彼女たちはクリスマスを前にして彼氏とどう過ごすのかとか、

あるいは隣にいるオヤジのこと(もちろん、ぼくのこと)も気にせずかなりディープな

話をしてました。

ここまでは微笑ましくというか「いやあ、若いなあ」なんて思いながら食事。

で、彼女たちが先に食事を終え(たぶん、早くオフィスに戻らないといけないのでしょう)

3人が3人とも終わったと同時にタバコを吸いはじめたのです。

しかも、その吸い方が「吹かすだけ」というようなもんじゃなく、今どきオヤジでも

そんな吸い方しないよってくらいのタバコのけむり。

いやあ、3人がそんな吸い方をするとかなりのけむりです。

なんだかあんな煙はひさしぶりに見たって感じです。

しかも、吸い終わったと同時にまた火をつけて・・・


もちろん、そそくさと店をあとにしました。

自分もほんの15年ほど前まではタバコを吸ってたので、決して嫌煙派というわけでは

ありません。

むしろバーなんかではタバコの煙があったほうがいいと思うくらい。

でもなあ。やっぱりランチどきは勘弁してほしいですね。

服にまで臭いがついてしまったやん。


まったく関係ないけど、今朝はこんな曲がiPodから流れました。

Don Henley の The End Of The Innocence



この「暗さ」がなんともいえないなあ。

なぜか Tom Pettyにつながりました。

この曲も好きなんだよなあ。




新しいメガネ [雑記]

少し前に泥酔したあげく、わりと気に入ってたメガネをどこかで失くすという

醜態をさらしてしまったので、新しいメガネを作ってきました。

ふだんから特にメガネが必要というほどではないにせよ、やはりこれも

ないと困るもののひとつですね。


今までは行き当たりばったりでメガネを買ってましたが、今回は知り合いに

薦めてもらったお店で探してみることに。

ここは今どきというか、メガネ屋さんに見えないくらいファッショナブルなお店。

薦められなかったらまず入ることもないだろうって感じでした。

なんだか「商店建築」とかって雑誌に載りそうな感じ。


ところが、意外にもとても丁寧に検査をしてくれ、スタッフの接し方も絶妙。

しかも、置いてあるメガネがすごくセンスのいいものばかり。

一発で気に入りました。

今回買ったのは、イエロープラスという日本のブランドのもの。

101209_111711.jpg

携帯で撮った写真なので「なんや、普通のメガネやんか」って思われるかも

しれませんが、なかなか素敵なオックスフォードです。


昨日、出来上がったものをかけてみて驚きました。

見た目もそうですが、かけた感じがこれまでのメガネとはまったく違いますね。

うまく言えないけど、すごく馴染む感じ。

重さも軽すぎず重すぎず。

気に入りました。

次はサングラスを新調します。

ぼくの場合、いったん気に入るとお付き合いは長いです。

良いのが見つかってよかった。


で、今日の音楽

Average White Band ‘PICK UP THE PIECES‘



今年はサックスでせめてこのくらいは吹けるようになるはずでしたが、

ロードバイクという思わぬ楽しみが見つかってしまったために、またしても未達成に。

一体いつになることやら・・・

こちらのCandy 姐さんのヴァージョンもいいですよ。


iPodケース [雑記]

愛用のiPod 160GBを入れるケースはこれまで多くのものを買っては試してきました。

しかし、購入した当初は気に入ってもすぐに飽きてしまったり、いまいち使い勝手が

悪かったりで長持ちしませんでした。

正直なところ、これまでiPod関連でどれだけのお金を費やしたことか・・・

ちょっと悲しくなるくらいです。

そこでたまたまAPPLEのサイトを見ていたら・・・

またしてもケースを発見してしまいました。

101207_155749.jpg

PORTER iPod/iPhone ポーチ

さすが吉田カバンって感じでよく作られてます。

けれど、これが5,800円。

悩んだ末に買ってしまいました(笑

ほんとによくお金を使わせるよなあ。

今度こそ飽きずに長くつかえますように。

モレスキンとモンブラン [雑記]

日々キーボードを叩くばかりでは文字を書く能力は衰えていくばかり。

仕事でもほとんど文字を書くことがないので、もっぱら日記を書くようにしています。

このブログも言ってみれば日記のようなものですが、やはり自分で文字を書くほうが

責任を感じるというか言葉を大切にするような気がします。

もちろん、大切にするのはブログでも同じことですが・・・

そこで、この5年ほどずっと同じダイアリーを使ってます。

media.jpg

モレスキン

元々はフランスのメーカーですが、現在はイタリアの会社に変わっています。

かつては、ゴッホやピカソなどのアーティストからジャーナリストまで多方面で

活躍された偉人たちも使ってたそう。


とてもクラシックな手帳で特にこれといった機能はありません。

けれど、そのクラシックさが逆に使い勝手いいというか、シンプルで良いんですよね。

以前は黒を使用してましたが、数年前から赤に変えました。

これで、日々雑記という感じの日記を書いています。

いろいろと試しましたが、このモレスキンにもっとも合うのはモンブランなんじゃないか

と思います。

それも万年筆よりもローラーボール。

056MB0101.jpg

これ、とっても書きやすいです。

いつから使い始めたか記憶にないくらい前から使ってます。

文房具もお気に入りを見つけて凝りだすときりがないんですよね。

はじめに・・・ [雑記]

今さらブログなんて・・・

と思ってたのがどういうわけか始めてみる気になりました。

タイトルとおりNever Too Late です。

というか、備忘録か自分自身のデータベースのようなものかも。

あくまで極私的なものばかりです。