So-net無料ブログ作成

冷たい雨 [音楽]

今日は冷たい雨です。

こういう日にはなぜかこの曲が聴きたくなる。

ハイ・ファイ・セットの「冷たい雨」



やっぱり、こういうのを聴くと昭和には「いい歌」がたくさんあったよなあって思います。

で、ハイ・ファイ・セットといばこの曲も。

「スカイレストラン」



こちらも大好きです。

「土曜の夜は羽田に来るの」



こういうのを見はじめるとキリがありませんね。

Ani DiFranco [音楽]

ふだんからネット経由でCDを注文したり、あるいはTower Records、あるときは古本屋などで

次々とCDを買い込んでくるものだから、時々(というか、しょっちゅうかな)買っていたCDを忘れ

てしまってたりして、ふとした瞬間に「あれ、あのCDって買ってなかったっけ?」などと思い出す

ことがあります。


今日も本棚をボーっと眺めてると、

「あれれ、このCDぜんぜん聴いてなかったやん」とあわてて引っぱりだしました。

Ani DiFranco アニー・ディフランコ

もうかなりの枚数が出てる女性シンガーです。

ベースはフォークっぽいんですが、曲やアルバムによってロックっぽかったり、あるいはパンクっぽい

ものまで。

しかし、どれもかなりエッジがきいてるというか完全に詞の意味を理解できなくても

赤裸々で社会的な批判が多いことは容易に想像できます。

ギターも独特なスタイルだと思ったら、かつてカフェやバーで弾き語りをしてたときに

まったく自分の音楽に見向きもしない連中を振り向かせるために考案したとか。

かなりメジャーな存在になった今も独自のスタンスを保つべく、自らのインディレーベルから発表を

続けています。

前から持ってたのはこれ。


Knuckledown

Knuckledown

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Righteous Babe
  • 発売日: 2005/01/25
  • メディア: CD



そして、買ったのを忘れて今日はじめて聴いたアルバムはこれ。


Out of Range

Out of Range

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Righteous Babe
  • 発売日: 1994/07/26
  • メディア: CD




Little Plastic Castle

Little Plastic Castle

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Righteous Babe
  • 発売日: 1998/02/17
  • メディア: CD



実は、こういう無駄なことをしてるアルバムや本がたくさんあります(笑

本なんてぶらっと本屋に行くたびに何かしら買ってくるものだから、

自分でももはや分からないくらいに未読ものがあります。



いつでもどこにでも飛んでいけるように(実際そんなことがあるかどうかは分からないけれど)

日ごろから身軽でいなきゃなあと思いつつ・・・


30年前の昨日のこと [音楽]

1980年から12月8日は、自分にとってジョン・レノンが亡くなった日という日で

しかありません。



30年前、

ぼくは高校3年でした。

学校の帰りに友だちの家に行ってテスト勉強(でも、実際にはタバコを吸ってエロ本を

読んで、酒も飲んでたかな)をしてるとき、NHK-FMを聴いていたら突然アナウンサーが

悲しい声でそのニュースを伝えたのを鮮明に記憶しています。

当時はなんとなくビートルズよりもストーンズって感じだったから(多分それは

見た目の不良っぽさに憧れていたと思う)、ビートルズやジョンの曲を熱心に

聴いていたわけじゃないけど、それでもFMからこのニュースを聴いたときのショックは

とても大きなものでした。

友人たちと一瞬「えっ?」って顔を見合わせて・・・

それからは、とりあえず友人の家にあったビートルズのレコードを片っ端から引っぱり

出して無言で聴いたことしか憶えてません。

彼の曲やメッセージは時に甘過ぎると感じることもありますが、やはりこんな時代だから

こそ彼の言葉が重く伝わってくるような気がします。

まったく関心のないクリスマスでもこの歌だけは永遠。


Mamadou Diabate [音楽]

少し前に買ったCDですが、かなり聴きこんでます。

ひとことで言うと、ひたすら気持ちがいい。

Mamadou Diabate

アフリカはマリ共和国の伝説的ミュージシャン、トゥマニ・ジャバテの従兄弟

(だったと思います)にあたるママドゥ・ジャバテのレコード。


トゥンガ tunga

トゥンガ tunga

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Anima Music
  • 発売日: 2000/02/27
  • メディア: CD



こういうひとのライヴが日本の地方でも見られるようになればいいんだけど。



http://www.mamadoukora.com/

最近の購入CD [音楽]

年がら年中いったいどれだけCDを買うのに使ってるか分からない

(というか、あまり考えたくもないですが・・)けれど、なかには

買って失敗したなあというのもあれば、逆にとんでもない大当たりに

出くわすこともあります。

そこで、最近買ったCDを紹介します。

ベティ・ラベット

bettye_lavette.jpg

もうかなりのベテランなんですが、どうして彼女のような本当に優れた

アーティストがあまり陽の目をみないのか少し憤慨してしまいますね。

この数年でようやく一般に知られるようになったのはうれしいかぎり。

このアルバム、日本盤のタイトル通り「ブリティッシュ・ロック解釈」

というだけあって、カバーアルバムです。

「な~んだ、カバーかよ」というなかれ、そこらへんのとは一緒にしない

でもらいたい。

来日してぜひ小さなライブハウスで見たいものです。

こちらはピンク・フロイドのカバー曲。






そして、こちらも強力です。

ビュー・ファルカ・トゥーレ

vft-live-jpg-1400.jpg

西アフリカはマリのアリ・ファルカ・トゥーレという偉大なミュージシャンの息子。

それほどアフリカの匂いを感じさせませんが、なかなか魅力的な音楽です。